黒猫系男子

本当は寂しがり屋のそんなあたし黒猫ですもの

本戦の見るべき点(フィードバック)

 

f:id:ss428:20160516212432p:plain

こちらはMTGの記事のフィードバック参照項目の一部ですが、

これになぞり本戦を少しだけ振り返ろうと思います。

 

1日を通してこう動かないといけないと思うプレイは

強貪の二回目の発動と伏せ無視の眼差しだけでした

結果として眼差しは妨害されることなく三枚破壊以上の眼差しを通すことができました

強貪は発動しなければその時点で負けが確定するような場面で

二回目の発動をしたケースが本戦に二度あります。

そのうち一本はゲームに勝利しました。

限定されるプレイではありませんが

予選最終のMFミラー二本ともゴウフウのトークンにオリハルクで

貫通でゲームが終わっているので意識されていない方がいれば

意識されることを勧めます

(準決で勝った試合もオリハルでゴウフウトークン貫通による勝利)

かくゆう私は事前にヒラノさんよりそのことを聞いていたので

意識を保ったまま1日を終えることができました。

 

 

本戦で極端に弱かったカード

デビルフランケン

 

本戦で極端に強かったカード

羽箒、揺れる眼差し、エキセントリックデーモン

朧影のゴウフウ

強欲で貪欲な壺

 

本戦で最も強かったカードが強欲で貪欲な壺です

このカードが一番勝利に貢献した

私のデッキのベストカードです

あの日の朝に戻るなら三枚目はmustです

 

サイドボードは青眼を強くみたこととマッチングが噛み合い

合格点ほどには活躍したと思います。

 

あの日の朝に戻れるならメインの構築は

デビフラ二枚アウト

エキセン、強貪、追加でメインを一枚増やしゴウフウの三枚目

といったレシピを使うと思います。

 

 

CSを終えてみて、最後の試合に勝利して3位という結果でしたが

嬉しい反面準決で敗北した悔しさでいっぱいです。

 

 

はるか昔スクラップの有名な人が言いました

トーナメント結果で見るべき順位は一位と三位であると

一位は優勝しているから見る価値があるのは明白ですが

三位は三決が行われているのであれば

三位とは最後の試合に勝っている者だからです

同じ分布で同じデッキを使わせれば同じだけ勝つ

強い精神力のプレイヤーだそうです

 

 

 そういうこともあり三決はわたしにとって負けられない試合でもありました。

この結果に満足することなく日々、

進化する必要性を感じた1日でした。

負けても良いCSなんて一回もないので何歳になっても何年目になっても

努力し続けるプレイヤーでありたいと思います。

 

 

最後まで長いレポートを読んでいただきありがとうございます

読んだ人が少しでも参考になれれば幸いです。

最後にこの場を借りて

CSに出るにあたり相談に乗ってもらっていた

愛知のヒラノさんには心より感謝申しあげたいと思います。

 

すぺしゃるさんくす まっぎょ

オカマゲーありがとね、ゴウフウ強かったよ