黒猫系男子

本当は寂しがり屋のそんなあたし黒猫ですもの

もののけ姫 感想

 

生まれて初めてもののけ姫を見たので、感想を書きます

脚本術と物語構造などが中心です。

個人的なもので、目的は自身の勉強のための

アウトプットの一環です。

構成は

①基本的なカバレッジに触れる

②良いところ悪いところ

③自分が修正するなら

カバレッジなどは読み飛ばしても差し支えないです

 

 

 

 

ログ・ライン

映画で一言で表せられる、あらすじのようなものです。

 

アシタカがたたり神を殺した時の呪いを解くために

西に向かう

 

①主人公のゴール内と外

自身の呪いを解く

共生

 

②プロットポイント1

右手のあざの影響でアシタカが超人的な力を発揮する

(村にたたり神が襲撃するという部分でもよかったかもしれません)

 

 

③プロットポイント2

しし神が殺される

(別のところでいいかもしれません)

 

④ミッドポイント

人のイノシシに対する挑発が始まる

(もっと後でよかったかもしれません)

 

 

良かった所

 

三幕構成の第一幕に当たる、誘引に成功してる。

この誘引に成功していない作品もあります。

最初の10分以内でセットアップが完了しない作品などです

誘引に失敗すれば見るのをその時点でやめる人もいます。

私もそういうタイプです

 

未見性が強い

誘引の、たたり神の時点から観客の目を引く

ビジュアル的面白さが物語に一貫してちりばめられている

 

背景が綺麗

何年も後に、映画が発達した時代で

ぱっと見て綺麗だったので時を感じずに楽しめました

緑の瑞々しさというのも

物語に合っていました

 

 

 

 

悪かった所

 

テーマが一環していなく、わかりにくい

最初から提示されていない。

主人公に共感できない。

感情の種類が少ない。

葛藤が少ない。

キャラクターに求めるものがない

もしくは提示が甘い。

しし神の行動と感情に一貫性がない。

 

 

自分が内容を修正するのであれば

初めに、しし神を二分します

生と死それぞれの役割に分けます。

村の襲撃で死を司る神を出し、怪我をさせて撤退させます

たたり神の代役です。

その後本来の物語通り、呪いを解くために西に向かいます。

その過程で死を司る神がある場所では

豊穣の神のように扱われるのを表現します

初期の頃から共生というテーマを散りばめるためです。

例え死の神でさえ、ある者には大切な者である。

と、共生の片鱗を見せます。

小さな葛藤を生みます

神を二分していない場合

しし神が首をとられ怒り狂い、その後に生命を育むという

行動に一貫性が見られなかったからです。

二つの役割をもたせている意味が感じられません。

生命を奪うのか、生命を育むのか

行動を決定するルールすら提示されていません。

ルールが示されていなければ

行動の理由がよくわかりません。

終盤での周りの生命を飲み込んだり、少しだけ緑を育んだりと

急な展開に驚きます

神を二分することでテーマが物語全体を一貫して通ることになります。

 

 

 

 ②

終盤での生命を育むシーンでは

死んだ全ての動物と人を蘇生させます。

世界の変容とハッピーエンドを強調します。

ハッピーエンドにも関わらず

失われた生命が余りに多すぎるからです

少しの生命の育みだけでは、終盤の怒涛の流血と死

のイメージを払拭できません。

自分であればこうします

 

 

③ 

人間同士のドラマを極力削ります。

共生がテーマなので、それに関わらない人と人との関係は

物語に関係しないだけではなく、テーマを揺るがします。

物語の焦点を絞るためです。

 

④ 

物語の中盤以降でアシタカの行動が受動的すぎるので

自らの意思に基づいて、何をすれば良いのか理解していることを

提示した上で行動させます。

受動的な主人公と何をすれば良いのかわかっていない

もしくは提示の甘いキャラクターは一般的に

主人公にふさわしくないとされています。

 

 

⑤ 

主人公を物語を通して成長させる

意図的に成長させていないとされる作品ですが

物語を通してあまりに変わらなさすぎます

そこそこの出来事が起きて

自分と価値観の違う国に赴いて、何も変わらない

というのは疑問に感じます

物語を見ただけでは

なぜ、変わらないのか

変わってはいけない必要性というのがわかりません。

必要性が物語で提示されていないのであれば

主人公はハリウッドの脚本術に則り

成長するべきです。

 

⑥ 

アシタカをサンのことをもっと好きにさせます

一目惚れさせます。

アシタカが危険をおかしてまで

能動的に行動する理由の提示が甘いからです。

仮にサンのことが好きだと繰り返し提示するのであれば

それは主人公の原始的な欲求となり

自ら危険の中に飛び込む行動に納得ができます。

アシタカはサンのことを好きだと思いますが

感情をもっと強調させます。

この作品では感情の起伏がほとんど見られません

名作ではジャンル問わず様々な感情が見受けられます

 

 

 

 

サンとアシタカの性格を両極性にします

二人とも感情がなさすぎます

サンは山犬と生活しているので

感情が乏しい必要性があっても構いません

アシタカの感情が乏しい必要性は感じません

それに二人とも感情が乏しいのであれば

キャラが被るので良い印象は受けません

 

 

 

 

 

自分が修正するのであれば、という内容です

作家にはそれぞれ違った考え方があり

どれが正解ということはありません

個人的に気になったところを書いたに過ぎません

ただの感想だと割り切っていだだければ幸いです。

 

 

 

 

 

長い文を最後まで読んでいただきありがとうございます。

映画の感想については今度も不定期に

構造中心に話せればと思います。

 

 

脚本術や映画、或いは物語構造に興味のある方の目に

止まっていただければ幸いです。

 

黒猫

 

 

広告を非表示にする

高槻CSレポート

f:id:ss428:20151211231922j:plain

高槻CS個人戦結果 使用MF 8-2 3位

 

予選 5-1         

1回戦 彼岸◯◯ 先後

2回戦 青眼 ×◯× 先先後

3回戦 ネクロス ◯◯ 先先

4回戦 妖仙 ◯◯ 後後

5回戦 MF ◯◯ 後後

6回戦 AFセイクリ ◯◯ 後

 

トナメ 3-1

1回戦 MF ×◯◯ 後先後

2回戦 DD ×◯◯ 後先後

準決 abc ×× 先先

 

3決 青眼 ◯◯ 後後

 

後手  10/13勝   先手 6/9勝 

 

16人トナメで3決をやっているので試合数が多くなっています

f:id:ss428:20160622083252j:plain

f:id:ss428:20160622083222j:plain

f:id:ss428:20160622083339j:plain

f:id:ss428:20160622083403j:plain

 

メイン

メインではpテーマに対して強い神とアリアを採用

神は一定の価値が保証されていて

ある程度どのデッキに対しても

有効なのが良いとは思いましたが

神を被りで引きたくなかったり

ツイツイみたいな枚数を割る札に弱く

伏せて妨害するという

考え方が少し弱くなりつつあるように思えました。

今度abcのサイドに応じて変える可能性はあります。

同型テーマに対して神が無いのは心配だったので

このプランを採用しましたが、本戦ではMFの後手でも非常に強く

別のデッキの後手でも一定の価値を発揮してくれました。

採用の狙い通りの成果です。

 ゴウドンは前回のCSで個人成績6-2、3位の中で

一番の戦績稼ぎ頭だったので引き続き採用

三枚目の採用は余裕があれば。

 

 

 

 

 

サイドボード

 

サタンクロース

事前にabcに対する脅威が高いと判断したことや、チェーンを作らない

後手の除去が欲しいと思ったので採用。ユニコーンで戻せるのもMFの利点です

一度のアクセスで良いと思ったので一枚の採用です

MFであれば枚数を増やしても良いかもしれません

 

サイクルリーダー

汎用性がクロウに比べ劣るもののabcの脅威判定が高く

青眼に対しても有効なので採用、余裕があるならabcの先行でも

採用したいです。三枚目のクロウを汎用性を落とし青眼とabcに対して

強くした形です、クロウもいるので三枚目の採用は考えていません

 

 

 

超融合

インフィabcを筆頭にDDやMFの後手の前面に実質チェーンを組まずに

除去できるので採用、abcインフィをどけれるという点で

評価が上がって採用しました。

一過性の評価の上昇にすぎません

サイドからアウトするかもしれません。

 

ゆきうさぎ

DDの後手、MFの後手、abcの後手のために採用

ユニオン格納庫以外に銀河戦士などにも打ちます。

一枚だと後手で引かず、三枚だと初手やゲームが進行して被ることが

予想されたので二枚の採用。発動が限定的なカードなので初手に

一枚は欲しいがゲーム通してもあまり被りたくないカードですね

状況次第ではありますが。

 

サイドプラン

 

対青眼 

先 out  G3    

in  ジョウゲン2、サイクルかサタン

 

後 out  アリア2,デビフラ3,神五枚、G

in  クロウ2、サイクル2、ジョウゲン2、サイク系4、サタン

 

対MF

先 out  G3

in  眼差し、コズミックサイクロン2

 

後 out  デビフラ3,G3,ラスター

in  眼差し、コズミックサイクロン2、超融合、サタン、うさぎ2

 

 

対DD

先 out  G3、箒

in ジョウゲン2 サイク2

 

後 out  デビフラ3、アリア神セット7枚

in うさぎ2、超融合、サイク系4枚、サタン、クロウ2

 

対ABC

先 out 箒

in  サイクロン

 

 out デビフラ3、アリア神セット7枚

in  サイクル2、うさぎ2、サイク系4,サタン、超融合

 

カードの強さについて

極端に弱かったカードはありませんが

準決の時のabcに対するユニコーン

綺麗にサイバー系に殺されたのはとてもきつかったです

極端に強かったカードは羽箒とGです

次点でアリアドネ、ゴウドン、サタンジョウゲン

のようなカードが挙がるくらいです。

 

ブログの内容は全て鵜呑みにするのではなく

良いと思う部分があれば吸収していただければ幸いです。

内容は個人の意見であり取り扱いには十分注意してください。

 最後に、前回に引き続きヒラノさん@Hiranokabu

の協力の元CSに参加しました、彼の力無しに今回勝つことは

難しかったと思います、この場を借りてお礼を言わせていただきます

長い文を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

本戦の見るべき点(フィードバック)

 

f:id:ss428:20160516212432p:plain

こちらはMTGの記事のフィードバック参照項目の一部ですが、

これになぞり本戦を少しだけ振り返ろうと思います。

 

1日を通してこう動かないといけないと思うプレイは

強貪の二回目の発動と伏せ無視の眼差しだけでした

結果として眼差しは妨害されることなく三枚破壊以上の眼差しを通すことができました

強貪は発動しなければその時点で負けが確定するような場面で

二回目の発動をしたケースが本戦に二度あります。

そのうち一本はゲームに勝利しました。

限定されるプレイではありませんが

予選最終のMFミラー二本ともゴウフウのトークンにオリハルクで

貫通でゲームが終わっているので意識されていない方がいれば

意識されることを勧めます

(準決で勝った試合もオリハルでゴウフウトークン貫通による勝利)

かくゆう私は事前にヒラノさんよりそのことを聞いていたので

意識を保ったまま1日を終えることができました。

 

 

本戦で極端に弱かったカード

デビルフランケン

 

本戦で極端に強かったカード

羽箒、揺れる眼差し、エキセントリックデーモン

朧影のゴウフウ

強欲で貪欲な壺

 

本戦で最も強かったカードが強欲で貪欲な壺です

このカードが一番勝利に貢献した

私のデッキのベストカードです

あの日の朝に戻るなら三枚目はmustです

 

サイドボードは青眼を強くみたこととマッチングが噛み合い

合格点ほどには活躍したと思います。

 

あの日の朝に戻れるならメインの構築は

デビフラ二枚アウト

エキセン、強貪、追加でメインを一枚増やしゴウフウの三枚目

といったレシピを使うと思います。

 

 

CSを終えてみて、最後の試合に勝利して3位という結果でしたが

嬉しい反面準決で敗北した悔しさでいっぱいです。

 

 

はるか昔スクラップの有名な人が言いました

トーナメント結果で見るべき順位は一位と三位であると

一位は優勝しているから見る価値があるのは明白ですが

三位は三決が行われているのであれば

三位とは最後の試合に勝っている者だからです

同じ分布で同じデッキを使わせれば同じだけ勝つ

強い精神力のプレイヤーだそうです

 

 

 そういうこともあり三決はわたしにとって負けられない試合でもありました。

この結果に満足することなく日々、

進化する必要性を感じた1日でした。

負けても良いCSなんて一回もないので何歳になっても何年目になっても

努力し続けるプレイヤーでありたいと思います。

 

 

最後まで長いレポートを読んでいただきありがとうございます

読んだ人が少しでも参考になれれば幸いです。

最後にこの場を借りて

CSに出るにあたり相談に乗ってもらっていた

愛知のヒラノさんには心より感謝申しあげたいと思います。

 

すぺしゃるさんくす まっぎょ

オカマゲーありがとね、ゴウフウ強かったよ

 

 

個人戦結果

 

結果は、成績6-2 3位でした。

 

予選 一回戦マジェスペクター×◯×

   二回戦 以下青眼◯◯

   三回戦◯◯

   四回戦◯×◯

   五回戦 MF ◯◯

 

トナメ MF×◯◯

    MF×◯×

三決 マジェスペクター◯◯

一回戦と同じ人ですね、割と旧い知り合いでもあるので

軽い談笑を交えつつ一回戦でやったよと話しつつ終わり 

 

f:id:ss428:20160516101725j:plain

f:id:ss428:20160516101739j:plain

f:id:ss428:20160516101752j:plain

 

メイン

調整段階ではデビフラかゴウフウ片方の採用を検討していました、

どちらも採用不採用をくりかえした結果

どちらが良いという結論はでませんでした。

 

デビフラはゲームエンド級のパワーを持ちイージーゲームが

できる可能性がある反面、強烈な先行札である点や

サイド後は目の敵のようにメタられているので一概に採用不採用を

決めきれませんでした。

 

ゴウフウ、先でも後で役割があるカードです

強貪との噛み合いが少し悪い点や後引きの弱さ

世間的に言われる上下の振り幅が大きい一枚、難はあるものの

後手でスピドラを超えるために必要だと思い採用。

 

片方の採用では安定せずどちらかを決めかねたので、

枚数を制限し両方を採用して様子を見ることにしました。

本戦ではゴウフウが二シングル勝ちに、繋がる貢献をしてくれたが

デビフラはマッチ6勝に一度も効果を使うことはありませんでした

それどころかデビフラを引きたくないという場面は常にありました。

あの日の朝に戻れるならデビフラを二枚落とし

エキセントリックと強貪を、その枠に入れて出ていました。

 

二枚目のカウンター、CSに出るにあたり相談に乗ってもらっていたヒラノさんから

強いと勧められて以来試してみたが使用頻度も多く、セット先の四枚目

として融合とは少し違う形でデッキに有って欲しいカードでした

本戦でもカウンター二枚を使うゲームがちらほらありました。

 

 

 

EX

重要ではあるが個人の好みで決めていいと習い

好みで決めたカードの採用の説明をします

せんこう竜

うさぎ、タイフーン、デビフラから

出てきたカードを守れる(サイド後のジョウゲンも)などの理由から

採用しましたが、デビフラの不採用に伴い再考されうる一枚です。

虚無と併用して続投ということもあるかもしれません。

 

深淵に潜む者

環境に居座るデッキ複数に対してプレイ機会があると思い採用

青眼や彼岸、DD、etc

彼岸に対してのヘイトからという理由もあります

 

 

 

サイドボード

 

揺れる眼差し

Pテーマに対して死神に等しいカードです

一枚のカードで複数の恩恵を受けることが可能な一枚

メインからの採用は見送りましたが、サイドボードには必要だと思いました。

 

コズミックサイクロン

Pテーマにはサイクロンでは再利用されるので三枚採用

調整の段階では二枚の採用でしたがヒラノさんからの勧めで

採用することとなりました。本戦に出てみてミラーをするなら

必ず三枚は欲しいと思ったカードです、対戦相手から飛んでくる

コズミックサイクロンは非常に強力でしたので少しでも同じ条件で

ミラーはプレイしたいこともあり三枚採用

被りでのライフを考慮してでもアクセスしたい一枚でした。

 

サイクロン

コズミックサイクロンの四枚目以降

ほとんど記憶にありません

 

ナイトドラゴリッチ

後手で通告を受けずに返せる優秀なカードです

デビフラから出る最終戦士とエクストリオを殺せます

青眼やddの後手でも採用します

 

ジョウゲン

先と後で使えて、遅刻の許される虚無空間です

チェッカーと違い多種多用なデッキに対して入れることが可能です

青眼、ネクロス、dd etc

戦術としては二枚でも足りると思いますが

自由枠だったので青眼に対して強く他にも

入れれるカードのように複数のデッキに投入できる

カードをと思い採用しました。

別のカードでもよかったかもしれません

 

 

   

広告を非表示にする

京都個人戦レポート

 

f:id:ss428:20151211231922j:plain

 

EM埋没後新制限一発目のCSに参加したレポートです。

個人の意見と感想です、取り扱いには十分に気をつけてください

 

 

個人戦結果からが本戦の内容となっています。

フィードバックでは本戦終了後に強かったカードや弱かったカード

もしあの日の朝に戻れるなら使用していた推敲後のレシピなどが書かれています

 

  1. デッキ選択の経緯
  2. 個人戦結果 
  3. 本戦の見るべき点(フィードバック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デッキやCSに関する質問があればツイッターでも受け付けています

お気軽にお尋ねください。@kuronekoaa428 

 

 

注意

可能な限り質問にお答えするつもりですが

明らかに悪意のある発言などについては返事はしておりません

不愉快、有害だと判断すればブロックすることもあります。

滅多にあることじゃありませんが

以前に障害者から悪意のあるリプがきたことがあり非常に

不愉快な思いをしたので、ご理解いただければ幸いです。

   

デッキ選択の経緯と環境の変化

 

f:id:ss428:20151211231922j:plain

初めまして黒猫です。

EMというデッキを皆さんはご存知ですか?

彼岸とEMの二つのデッキが猛威を振るった環境があったらしいです。

 

新制限を迎えEMというデッキは崩壊を余儀なくした

竜のように手を変え品を変え延命するかと思われたこのデッキは

壊滅的な打撃を受けることとなる(それでもトーナメントで見ることはあった)

 

前期同様手を変え品を変え考えるもEMの残骸は

私には合わなかった、他にも先史遺産、青眼、彼岸、クリなどの

他は覚えてませんが多種多用なデッキを触ることにしました。

だが、どのデッキも頭一つCSに持ち込むには至らなかった。

故に新制限から一発目のCSが2016/5/15の個人戦となる

(チーム戦の予定が一週前にあったが都合で出れなくなった)

 

トーナメントから置き去りになるような不安が胸に燻る中

環境が固まるにつれて頭角を現した青眼を一点に着手することとなる。

この群雄割拠の環境は当然過去の虫の後になぞられて進むものだと

ばかり私は思っていた。

 

環境でMFがシェアの上位で見られるより少し私は

着手することとなる、最初は青眼への憤りを少し晴らす程度に

パーツを集め対人してみたが、その1日のうちに

今期の今までの長い長いデッキ選択の悩みから解放されたのだ。

MFの出現は、機械と魚を狩るために出た暗黒界を彷彿とさせた

 

滋賀チャレレポート

 滋賀チャレンジ個人戦のレポート、結果 使用EM 個人成績2-2

 

一回戦 彼岸 先先後 ✖️◯✖️

3本目後、2伏せの内一枚しか剥がせない状況で

割る札と無効系どちらを受けても投了で、

どちらをケアするのか悩んで無効系の方を選択しました。

結果的には相手の伏せは二枚とも割る札で

ダイナスタを出していれば勝ち筋自体はありました。

終わった後に考えて見ても自分が勝つ可能性のある

相手の伏せパターンは大きく分けて三つくらいでその内の一つの伏せ読みで

動きましたが噛み合いませんでした。

 

 

二回戦 0帝 先後先 ◯✖️◯

3本目 先行でスケール二枚張ってp2体出して

マジェスタ出して効果宣言エンドしたが

相手はもっと弱くて勝ち

 

三回戦 青眼 先後先 ◯✖️◯

1本目 先行展開でうさぎの受け方が汚く

うさぎを受けた後の残る札の想定が甘かった

今回の代表ともいえるミス

 

四回戦 彼岸 後先後 ✖️◯✖️

2本目 サイドの変更ミスで死デッキで致命傷を負う

儀式だったので死デッキ対策より闇護符を優先したほうが

いいと思ったが光と闇だけでも入れていれば

勝利は盤石だったと思う

3本目あと一ターンで勝てる場面でトップ有力彼岸されて負け

死ぬほど悔しくて不快な負け方だった

 

先 6/7 後 0/5

 

今回使用したレシピです

f:id:ss428:20160313170439j:plainf:id:ss428:20160313170359j:plain

 

前日までのAdsでの勝率

29-17  先40/59 後32/57

 

Em 12-9 

 後後先 ◯✖️◯  先後◯◯ 後後◯◯ 先後先◯✖️◯ 先後先✖️◯✖️

先後◯◯ 後後◯◯ 後先後✖️◯✖️ 先後先◯✖️◯ 先後◯◯ 先先✖️✖️

先先先✖️◯◯ 後先後✖️◯✖️ 後後先◯✖️✖️ 後先✖️✖️ 後先✖️✖️

後先後✖️◯◯ 後先後✖️◯◯ 後後◯◯ 先先✖️✖️ 後先後✖️◯✖️ 

 

彼岸 5-4

先先後✖️◯✖️ 後後先◯✖️✖️ 後後◯◯ 先後◯◯ 後後◯◯ 後後先◯✖️◯

先後◯◯ 後先✖️✖️ 先先後✖️◯✖️

 

ゼストマ後先後✖️◯◯ ヒーロー先先◯◯ Sda後後◯◯ 青眼先先◯◯

ネクロス先先◯◯ ジャンド後後◯◯ 15帝後先後✖️◯◯ DD先先先◯✖️✖️

afhero後先先◯✖️◯ af先先先◯✖️◯ ノイド先先先✖️◯◯

メタビ 先後◯◯ 先先✖️✖️ 後先後✖️◯◯ 後先後✖️◯✖️ 後後先◯✖️✖️

 

 

最近個人成績は安定していたにも関わらず久々のタコでした。

調整は一週間以上前からみっちり始めて時間も積極的に

毎日作ったつもりでしたが実に納得のいき兼ねる結果でした。

 

今回プレイング自体は一つ一つ丁寧にも関わらず普通にミスを

していたことはよくありませんでした。

敗因にミスが絡まなかったのは僥倖

本来ミスはするべきではありません、

ここからは折り返しとして

一層引き締めていきたいと思います。